2012年5月31日 22:19

ブログ移転しますた

2012年3月18日 19:22

GithubのリポジトリでJavaDocを公開する

先日Githubに自分用のライブラリを公開しました。
Githubに「gh-pages」というブランチを作ってpushすると静的なサイトを公開することができるため、それを応用してJavaDocも一緒に公開してみました。


gh-pagesをpushした場合「http://[ユーザー名].github.com/[リポジトリ名]/?」というURLで参照できます。

参考にしたサイト

以下の手順ではMavenで生成したJavaDocをコマンドベースでGithubにpushすることを想定しているのでそれ以外の場合は適宜読み替えてください

手順メモ
    1. [master] pom.xmlに下記を追加
      <project>
        <reporting>
          <outputDirectory>site</outputDirectory>
          <plugins>
            <plugin>
              <groupId>org.apache.maven.plugins</groupId>
              <artifactId>maven-javadoc-plugin</artifactId>
              <configuration>
                <source>1.6</source>
                <encoding>UTF-8</encoding>
                <docencoding>UTF-8</docencoding>
                <charset>UTF-8</charset>
                <links>
                  <link>http://docs.oracle.com/javase/6/docs/api/</link>
                </links>
              </configuration>
            </plugin>
          </plugins>
        </reporting>
      </project>
      <outputDirectory>で出力先の設定。JavaDoc以外にもFindBugsやカバレッジのレポートもできるため詳しくはggrks(ググレカス)
    2. [master] .gitignoreに<outputDirectory>で追加した出力先を追加する
      echo site/ >> .gitignore
    3. [master] ここらでいったんコミット
      git add .
      git commit
      
    4. [master] 下記コマンドを実行
      git symbolic-ref HEAD refs/heads/gh-pages
      rm .git/index
      git clean -fdx
      よく分かってないですが、これをやることでどこのブランチからも切り離されたgh-pagesが作られるらしい
    5. [gh-pages] index.htmlを追加
      echo "My GitHub Page" > index.html
    6. [gh-pages] .gitignoreで適宜ファイルを除外したりする。
      (site/とindex.html以外は除外していいかと)
    7. [gh-pages]  ここらでいったんコミット
      git add .
      git commit
    8. [master] masterをcheckoutしてmvn siteする
    9. [gh-pages] gh-pagesをcheckoutしてsite/を追加
    10. [gh-pages] git push origin gh-pagesするとページが作られる。ファイル数にもよるけど多い時は10分くらいかかる

2回目以降はmasterでmvn siteする前にgh-pagesでrm -rf site/してコミットしておく(既存ファイルがあるとエラーになってcheckoutできないため)

2012年2月24日 23:54

appengine ja night #19に参加しました #ajn19

凛子かわいいよ凛子(挨拶)

@shin1ogawaさんのご好意により appengine ja night #19で LTをさせてもらいました。


自分の発表資料


喋り忘れたこととか
  • AZusaar!のAPIを使っていいか?という質問に関して補足
    • 外部公開してるAPI系はquutaにかからないようにがっつりチューニングしてるので他アプリから多少呼ばれても問題はないはず
    • jsonpだとFrontend Cache Controlが効かなくなるのでできればjson推奨
    • APIのリクエストとレスポンスは基本的にATND準拠ですが、AZusaar!で使ってない部分に関しては基本全部削っています
    • jsに書かれていなければ実装されてないという認識でOKですw
    • jsと実際のレスポンスから仕様と空気を読んで自己責任でご利用ください
    • 更に需要がありそうならどっかで仕様をまとめます
  • 尺の関係で自分が賞をとったAPIの説明ははしょりましたが、ジオどすAPIの説明はここに置いていきます。(社内向けなんで内容はそんなに深くないですがw)
  • 一番アクセスがあった(と思われる)自分がLTしてた時間帯も1インスタンスで捌きれていたみたいです
  • 課金は$2.1/weekのみですが、Billing Onしたら$50貰えるキャンペーンの分がまだ半分くらい残っていますw
  • テスト周りについて
    • Java: JUnit+QuickJUnitでがっつりTDDやってました。プロダクト1700行に対してテストケースは250個くらい(djUnit換算なので実際はもっと行数あるかも)。カバレッジはline, branchともに85%くらい
    • JavaScript: QUnitを使用。プロダクトコード1200行に対してテストケースは50個くらい。ロジックに関するテストはやってますがDOM生成周りはテストをサボってますorz
    • クロスブラウザ周りのテストは手元にある環境は全部試してます。WinだとIE9, FireFox, Chrome, Safari。MacもIEない以外は一緒。あとはAndroid(IS03)とiPad
    • スマホUIの確認にはMobilizerが重宝しました。機能的にはXCodeのシミュレータには劣るけどAdobe AIRなのでWinでも動くのは嬉しい

追記:主催の@kazunori_279さんのブログに他の方の資料やust録画がまとまっています

2012年1月15日 23:15

2011年に読んだ技術書まとめ

去年の目標で「1年間に技術書を30冊読む」というのを掲げていた気がするのでまとめてみました(日付はブクログに書いていた読了日ですが間違ってるかも)

  1. 1/10?: クリーンコード
  2. 1/10?: プログラマが知るべき97のこと
  3. 1/24: アジャイルプラクティス
  4. 2/12: 達人プログラマー
  5. 2/16: オープンソース徹底活用 Slim3によるウェブWebアプリケーション開発
  6. 2/18: Javaルールブック
  7. 2/28: プログラミング Google App Engine
  8. 3/7: WEB+DB PRESS vol.61
  9. 3/14: ソフトウェアアーキテクトが知るべき97のこと
  10. 4/2: アーキテクトの審美眼
  11. 4/15: 初めてのJavaScript
  12. 5/1: jQuery クックブック
  13. 5/10: 作ればわかる!Google App Engine for Javaプログラミング
  14. 5/14: Java: The Good Parts
  15. 5/31: レガシーコード改善ガイド
  16. 6/9: エンジニアのための時間管理術
  17. 7/4: Java並行処理プログラミング
  18. 7/16: ビューティフルコード
  19. 7/22: Twitter API ポケットリファレンス
  20. 7/26: WEB+DB PRESS vol.63
  21. 8/2: テスト駆動開発入門
  22. 8/9: リファクタリング・ウェットウェア
  23. 8/18: アジャイルサムライ
  24. 8/22: Maven (開発者ノートシリーズ)
  25. 9/8: 実用Git
  26. 10/8: Being Geek
  27. 11/16: プログラミング言語Java 
  28. 11/18: Jenkins実践入門
  29. 12/1: ソフトウェアテスト技法ドリル
  30. 12/18: 入門Git
  31. 12/24: アジャイルソフトウェア開発の奥義
ギリギリ目標達成ってとこですね。

今年は1年間で40冊目標でいきたいと思います

2011年12月25日 3:00

年初の目標を振り返ってみる

年初の今年の目標を見つけたので振り返ってみるテスト

>入院しない:元気があれば何でもできる!
入院しなかった!

>体重50kg超え:何年間連続同じ目標だw
×:現在体重47kgくらい。あとちょっとが超えられない俺ナッシュ

>Google App Engineで何か作る:ネタはあるので
○:今年はjubeat++AZusaar!がメインでした。

>AndroidアプリかiPadアプリを作る:同上
×:Titaniumの本を買って環境構築するところまではやったんですがorz

>社会人3年目ということで会社に引きこもらずにどんどん外に出る
○:社内と社外合わせると今年1年間で合計30個くらい参加していました(うち、自分がなんらかの形で発表したものは5個くらい)。去年の自分に比べたらアグレッシブに行動できた方じゃないかと思います

>OCJ-D(旧SJC-D)をとる:問題集はおろか公式にもろくな情報がねえw
→×:いつも心の片隅で考えてはいたんですが、いつか調べた時にswingでコード提出というのが気になって結局やらずじまい。試験範囲もぼんやりとしすぎてるためぶっちゃけSJC-WCだけでよくね?という結論に。

Archives